読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピード感(仮)

自分の好きな音楽、中古屋で収穫したCD等についてつらつら語ります

でんぱ組.inc『WWDD』レビュー

アイドル

 

WWDD 初回限定盤(CD+DVD)

WWDD 初回限定盤(CD+DVD)

 

 6人組アイドルのメジャーでは2ndフル作。前作はテンションの高い即発曲だらけでちょっとキツかったのですが、今回はアルバム曲6曲が即発曲の濃さを良い意味で中和するような働きをしており、アルバムとしてまとまっていると感じました。

その新曲群では『NEO JAPONISM』が良かったです。ORANGE RANGEのNAOTOの手による、チープな電子音で疾走しつつ後半コロコロと先の読めない展開に突入する凝った1曲。
サビ後の「生まれたからには生きなきゃね 地獄の先まで楽しむぞ」の部分のメロがかの『お願いセニョリータ』の「醒める前にテイクアウト 激しすぎるよセニョリータ」の部分と被っており、なんかグッときました 笑。3rd以降のORANGE RANGEの情報過多で変態的なセンスはアイドル戦国時代の今こそ再び有用だと思っているのですが、それがスタダ勢ではなくでんぱに先に回収されるとは思いませんでした。


あとは限定リリースシングル収録でようやく聴けた中盤の清竜人による2曲が期待以上の出来でした。どちらも彼の怪作アルバム『MUSIC』の路線を煮詰めたような濃さ。
特に『まもなく、でんぱ組.incが離陸致します』が傑作。清竜人ならではのインテリジェンス・滲み出る変態性を電波ソングとして落とし込んだ、MOSAIC.WAV編曲によるキュートな楽曲。電波ソングだけに(良い意味で)下品な電子音の洪水とも言えるのですが、間奏で聞こえてくる上品なキーボードの音が良いアクセントになっています。そして相変わらず歌詞のハートマークの数が異常。
続くドラマ仕立ての『DearStageへようこそ』は詞曲に加えて編曲も自身で行っているため長尺で且つやりたい放題。曲自体は好きなのですが、客のセリフが長いのでアルバムの流れを悪くしているような。
玉屋2060%製でお花見宴会のようにただただ楽しいファンキーソング『サクラあっぱれーしょん』、闇雲にハイテンションなヒャダイン作『ちゅるりちゅるりら』といったシングルは改めて聴いても最高ですね!


でんぱ組.inc New Album「WWDD」 trailer - YouTube