読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピード感(仮)

自分の好きな音楽、中古屋で収穫したCD等についてつらつら語ります

ROUAGE『肌色。』レビュー

ヴィジュアル系

梅雨が明けましたね。
iPodのプレイリストを夏仕様にする時期となりましたが、夏のBGMといえばサザン・TUBE・角松敏生オメガトライブ浜崎あゆみRIP SLYMEORANGE RANGE・今年は三代目J Soul Brothers…?。

…いろいろありますが夏の訪れとともに毎年必ずヘビーローテーションで聞く曲がありまして、その紹介を。

肌色。

肌色。

 

 名古屋出身ヴィジュアル系バンドのラストシングル。このシングルがバンド崩壊のきっかけになってしまったようで、現在もベスト盤を含めアルバム未収録となっています。
表題曲『肌色。』が今回特に紹介したい曲です。

もともと典型的な90年代V系サウンドを奏でていた彼らですが、この時期はギタリストの意向でグランジ寄りの音作りに。この曲もその流れを汲んだミドルテンポナンバーです。
「どうかなりそうな あつい夏がはじまるよ ハローハローハローハローハローハロー」というサビのシンプルな詞が印象的なのですが、ざらついたギターサウンドがそんな暑い日差しの中の気怠さを感じさせて実に良いのです。イントロのギターフレーズからして一気に掴まれる。
V系的なしゃくりあげ歌唱も不思議とサウンド・歌詞の情景マッチしています。
メロディーもV系ど真ん中だった頃の面影のない、サラッとしたつくりなのですが、何故だか胸をぎゅっと締め付けられる名曲ですね。この曲をもって解散というのは美しいな。

2曲目『ながれ、ぼし』は解散後にメンバーが結成するSTRAY PIG VANGUARDにも近いミドルテンポの穏やかなギターロック。
これまたギターフレーズが良いのですが、この曲は高音部でのヴォーカルがちょっとキツそう。

3曲目にしてROUAGE最後の楽曲となるのは『自称、イラナイコドモ(リミックス・ヴァージョン)』。
何気にリミックス好きの彼ら。これは歌ものとしての形を残しつつもバックはギターが暴れまわるブレイクビーツ寄りのスタイル。

 

今年も楽しい夏にしたいものです!