読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピード感(仮)

自分の好きな音楽、中古屋で収穫したCD等についてつらつら語ります

MIYAVI『MIYAVI』レビュー

 

MIYAVI (初回限定盤)(DVD付)

MIYAVI (初回限定盤)(DVD付)

 

 “再デビュー”2作目。国内エレクトロユニットThe Lowbrowsと海外プロデューサーを迎え、EDMサウンドを取り入れた作品です。
近年のダンスミュージックの流れを大きく変えたDAFT PUNK『Random Access Memories』と近い時期でのリリースだったのでタイミング的に最悪だなと思ったのですが、以降もEDMブームが廃れることはなく、発売早々時代遅れな音になる…なんて悲劇が起こらずに済みました。

また今作はオリコン8位を記録し、遂にこれまでの彼のキャリアで最も売れた作品であった2005年の迷盤(笑)『雅-miyavizm-主義』の売上枚数を超えることとなりました。
結婚→独立を経た直後はこれからどうなることかと思いましたが、この巻き返しは凄い。

 さてアーティスト名を冠した本作、名刺代わりというよりどちらかというと試行錯誤の1枚と言えるでしょうか。

このEDMの導入は流行を追うというより「(相棒の)BOBOのドラムにジェットエンジンを載せるため」だと雑誌で見ましたが、少なくとも音源に関してはあまりジェットエンジンになっていないような気がします。どう聴いても彼のドラム捌きの旨みは全く感じられないですから。それだけでなく完璧に作りこまれたダンスサウンドがMIYAVIの持っている熱量をもスポイルしてしまっているように思います。ギターが引っ込んだ曲も多いですし。前作『WHAT'S MY NAME?』がMIYAVIのライヴのあの熱さを完璧にパッケージしていただけに余計に物足りない。前作リリース後にはライヴで披露されていたアッパーな『Chase It』『HELL NO』もアルバムでの新アレンジによって殺傷力落ちたなあという印象です。

まあ散々書きましたが結構好きな曲もありまして。
『Horizon』『Ahead of the Light』は今作での試みが良い方向に作用した名曲でしょう。ギターがガンガン前に出てEDMサウンドと火花散らしているかのよう。前者は某テレビ番組で生音オンリーのアレンジで披露されていましたが、明らかに迫力に欠けていました。
娘さんにはとても見せられないであろうMVのエロR&B『Secret』も今作ならでは。無機質に響くスネア・加工ヴォーカルが密室的なエロさを引き立てています。
MIYAVI VS YUKSEK名義でリリースされたシングル『DAY1』はミニアルバム『SAMURAI SESSIONS Vol.1』に続きこちらにも収録されましたが、やっぱり良い曲。サビが『Ahead~』にちょっと雰囲気似てますけどね。
アコギがファンキーに弾けるオープナーのミディアムチューン『Justice』もギターとドラムだけだったらつまらなく聞こえてたかもしれません。

 

MIYAVI - HORIZON -Live at Zepp DiverCity, Tokyo- - YouTube

↑このライブ映像、痺れる